2017年5月29日月曜日

富士写ケ岳(941.9m)




 
  石川県加賀市にある山で、JR加賀温泉駅付近からみると富士山型の美しい形をした山である。JR大聖寺駅付近まで行くと山頂付近が二峰性になってみえる。向かって右が本峰で左が前山になる。

大聖寺は日本100名山の著者、深田久弥の生地であり墓もあり、本山は彼の100名山には収録されていないが、久弥が愛した山だという。

この山には三つの登山ルートがある(我谷ルート、枯淵ルート、大内ルート)。1986年8月のお盆休みに登って以来で、実に30年振りになる。当時の記憶がほとんどなく、山頂には私一人でオニヤンマが飛んでいたことしか記憶にない。当時は1986年発刊の『とやま山歩き』に従って登っていたので、一般的なルートと記載のある枯淵ルートを往復したはずだ。当時の地図を見ると我谷ルートの吊り橋がなく、そのルートも一尾根違うルートが記載され、前山の手前で枯淵ルートと合流することになっている。30年も経過すると当時無かった吊り橋や九谷ダムができ、それに応じて登山道も変化しているようだ。今回は我谷ルートから登り、枯淵ルートを下山する5月下旬の行程を紹介する。

山中温泉を通る国道364号を我谷ダムに向かう。ダム手前のスノーシェッドが終わるところを県道へと左折する。道は狭くなるがしっかりした道が続く。まもなくダム湖にかかる赤い吊り橋が右手に見える。そこを過ぎた直ぐの右側に車10台程度が停められるスペースが確保されている。そこが満車でもすぐ先に数台が停められるスペースが用意されている。

 吊り橋手前を出発(9:54)
  高所恐怖症の人はしっかりと舗装された狭い吊り橋の道を見ながら歩きましょう。対岸に着くと右折してダム湖沿いに歩くと、左手に登山道入り口の標柱がある(9:58)。右手に何気にダム湖の風景を感じながらぐんぐんと登って行く(実際には繁茂する木々が邪魔でほとんど湖面は見えない)。タイムコースを記録するための目印になるものがない登山道だが最初の急登を登りきってしばらくすると鉄塔の下をくぐる(10:17)。

 ブナとコナラの森の中につけられた緩急おりまぜた坂が何度も続く。道は全体的に広めになっている。急な場所にはロープもつけてあるが、慎重に登りたい。シャクナゲの花で有名な山だが、この時期は枯れた花が多くなっている。ある急登を登りきると急に明るくなるが狭い尾根伝いの登山道となり周囲も低い木々となる。振り返ると日本海も見える。そして左前方に、こんもりとした二つの森のピークが見える。前山と富士写ケ岳だ(11:17)。 

 細い尾根沿いの道は、やがて富士写ケ岳本峰の山腹に入ると道幅は拡がるが、最後の急登が始まる(11:29)。10分ほど我慢の登りで枯渕コースからの合流点につく(11:39)。

  そこを右折すると、まもなく富士写ケ岳の山頂につく(11:42)。山頂には深田久弥のレリーフをつけた方位盤もある。


 山頂は丸く刈り拡げられて広いが、休みの日には登山者も多く、常時15人近くもいると手狭に感じる。周囲は低い木々に囲まれ必ずしも見晴しが良いとは言えないが、白山方向は見える。加賀平野から日本海も見える。

 山頂でしばらく休憩してから下山開始(12:14)。我谷コースとの分岐点へ戻ってから、枯淵コースへと道をとり前山へと直進。道は更に下る。やがて富士写ケ岳と前山の鞍部から登り返すと前山の山頂(12:22)。そこには深田久弥の詩碑がある「山の茜を顧みて一つの山を終わりけり何の俘(トリコ)のわが心早も急かるる次の山」

  白山方向の見晴は本峰より遥かに良い。この山頂にいたのは私と同年配位の夫婦連れのみ。ここから下山して我谷コースの駐車場までの舗装道路歩きは結構つらいよとアドバイスを頂く。

 前山から一気に下る。このコースもタイムコースの目安となる目印がないが、唯一と言っても良い「めぐ見台」につく(12:34)

  確かにこれまでにない位に白山方向や日本海側の見晴しが良い。振り返ると前山が大きく迫ってくる。 さらに細い尾根の緩急をつけた下りが続く。こちらのコースも適宜ロープが張られているので、自分の状況に応じて利用して下ると良いだろう。特にぬるりとした地質の道は気をつけよう。やがて眼下に九谷ダムが見え始める(13:13)。まもなく左手がすぐ崖で右手にロープの張った極めて細い道がでてくるので気をつけたい。

  さらに登山口の直前は崩れていて、ここも気をつけたい。枯淵コースは最後が、つまり登りの時は最初がなんだかやばい印象がある。登山口の最初は階段状になっている(13:30)。九谷ダムの新たな完成で従来の登山口が移動したようだ。

  我谷コースの駐車場までは舗装道路を歩く。すぐ近くにある九谷ダムを右に渡る道路は先にトンネルがあるので避けて、まっすぐに進む。九谷ダムの下流の川にかかる橋を渡り、次第に下流の我谷ダム湖となる右岸につけられた舗装道路をひたすら40分ほど下ると元の駐車場につく(14:11)

 所要時間 往;1:48  復;1:57(うち舗装道路歩き0:41)

0 件のコメント:

コメントを投稿

城ケ平山(446m)、峠山(477m)、ハゲ山(465m)

    いずれも富山市上市町にある山になる。標高こそ400m台と低いが、初冬には良い雪山歩きの道になる。城ケ平山山頂は別名、茗荷谷山(みょうがだにやま)といい、その昔、茗荷谷城があったとされている。山頂は開けて広く富山平野を一望できる。今回の紹介は12月中旬に城ケ平山ま...