2017年6月24日土曜日

中山(1255m)




  剱岳の展望台のような山である。剱岳の早月尾根コースの登山口がある馬場島の手前にある馬場島橋の手前、右手に未舗装の駐車場がある。そこが満車ならば橋を渡って左側にある舗装された駐車場を利用しよう。

 登山口を出発(9:18)。



立山川と白萩川の川の音を聞きながらジグザグに登る。2分で階段状のハシゴを通過、さらにジグザグに一気に高度を稼いでいく。見通しは必ずしもよくないが、時々、木々の隙間から遠景が見える。道は一旦平坦になり(9:24)、正面に中山山頂付近が見えるが、まだ登り始めたばかりだ。

再び山頂から延びる稜線へのジグザクの急登が始まる(9:27)。登山道の脇に、幹に大きなホコラのある杉の大木が現われる(9:45)。

  道はさらにジグザグに登る。谷側に大きな倒木のある場所を通過(10:01)。まるでガードレールのように横たわっている。何故か周囲に木々の無い小さな広場のような場所を過ぎる(10:03)。やがて標高1100mの看板がぶら下がっている場所を通過(10:06)。まもなく立山杉の巨木が並ぶ山頂への稜線に出る(10:09)。五本杉ノ平と呼ばれる場所だ。

稜線に出たら左折する。ここからは急登という急登はなく穏やかな登りとなる。登り下りを二つ終えると、後はひたすらダラダラとした長い登りになる。やがて二本の杉の木立の間を抜けると山頂に着く(10:23)。 山頂は広く、中央には太く古い枯れ、途中で折れた木の幹がある。

 山頂からは剱岳が真正面に見える。まさに剱岳の展望台である(下記写真は残雪期)

 下りは来た道を帰っても良いが、クズバ山側にある東小糸谷ルートをたどる(10:31)。道は一気に下って行く。5月半ばだと季節にもよるが雪で埋まっている場所でもある(写真は山の会と同行した残雪期のもの)。
  やがて、クズバ山へ行く道との分岐に着く(10:42)。ここからクズバ山山頂までは2時間10分との表示板がかかっている。さらにぐんぐんと高度を下げて行く。やがて右下の谷から水音が聞こえだす。登山道は東小糸谷を流れる小川に向かって下がって行く。やがて小川を渡る丸木製の橋に到着する(10:57)。




しばらく手を付けているとかじかむ位に冷たい。この橋は冬場は撤去され、残雪が無くなった頃に復活する。5月半ばで残雪がある時期は短いが渡渉することになる。
流れの右岸を下ると再び橋が出てくる(11:04)。左岸を下って直ぐに3番目の橋を渡る(11:05)。あとは右岸をひたすら下って行くと広い立山川の河原に出る(11:08)。
ここからは立山川にかかる北陸電力の作業橋を渡り、舗装された道路を登山口までひたすら歩く。途中、剱岳への登山口や馬場島山荘の前を通る。約20分も歩くと馬場島橋手前の登山口着く(11:26)

   所要時間 往:1時間05分 復:0時間55分

0 件のコメント:

コメントを投稿

城ケ平山(446m)、峠山(477m)、ハゲ山(465m)

    いずれも富山市上市町にある山になる。標高こそ400m台と低いが、初冬には良い雪山歩きの道になる。城ケ平山山頂は別名、茗荷谷山(みょうがだにやま)といい、その昔、茗荷谷城があったとされている。山頂は開けて広く富山平野を一望できる。今回の紹介は12月中旬に城ケ平山ま...