2017年8月26日土曜日

野坂岳(914m)


    野坂岳(のさかだけ)は福井県敦賀市にある最も高い山で敦賀三山の一つである。2014年のGW直前の金曜日に休みをとりスクーターで敦賀に向かう。登山口は敦賀郊外にある「山」集落にある。川沿いにスクーターを走らせ登山口を探すが全く分からない。ジョギングをしていたご高齢の婦人に尋ねると、少し戻った先にカーブミラーがあって、赤い新芽の垣根のある家の横の道を山に向かっていけば良いと教えてもらう。昔は曲がり角に野坂岳の表示があったそうだが、今はその痕跡もない。

さらに山に向かう林道を走らせると作業小屋が見えて道は終わる。福井県の山の本を見ると、近くの鉄橋を渡るとあるが、見当たらない。と沢をのぞくと鉄橋がころがっている。流されたようだ。

深くもない沢に入り対岸によじ登る(9:08)。そして沢沿いの道をひたすら進む。山には送電線の鉄塔があるので、その作業道が登山道代わりになっている。そのためか最初はいくつか枝分かれ道がある。しかも、どっちが野坂岳かの表示もない。周りをみると木々にテープがぶら下がっている木々がある。とにかくそれを目印にして登るしかない。

第一鉄塔に出るころには尾根に出るので周囲が明るくなる(9:32)。

さらに第3鉄塔(10:00)を過ぎてまもなく頂上からの稜線と交わるので、そこを右に折れる。左側にも作業用なのか道があるので、この曲がり角を認識しておかないと帰りにまっすぐ突き進む可能性がある(というか私はまっすぐ行って、余計な時間を喰ってしまった)。とにかく表示の無い山という印象が強い。
そのまま稜線上を行くと直ぐに第4鉄塔があり(10:19)、さらに797mのピーク(10:30)を過ぎて、30分も登ると開けた山頂に出る(11:00)。平日だというのに山頂には二組の登山者がいた。一等三角点もある。

 
  山頂からは360度の景色が楽しめる。敦賀周辺の名前の知らない山々が連なる。唯一分かるのは昨年12月初めに登った西方ケ岳のみである。敦賀の町も眼下に見える。

逆に敦賀市内からはこの山もしっかり見えているといういことだ。

所要時間 登り:2時間8分

0 件のコメント:

コメントを投稿

城ケ平山(446m)、峠山(477m)、ハゲ山(465m)

    いずれも富山市上市町にある山になる。標高こそ400m台と低いが、初冬には良い雪山歩きの道になる。城ケ平山山頂は別名、茗荷谷山(みょうがだにやま)といい、その昔、茗荷谷城があったとされている。山頂は開けて広く富山平野を一望できる。今回の紹介は12月中旬に城ケ平山ま...