2017年9月28日木曜日

尖山(559m)


  尖山は『とんがりやま』と呼ぶ。富山県立山町にある山で標高は500m台と低いが、特徴的な円錐形の山で遠くからでもそれと直ぐに同定できる山である。まさに尖がっている山である。昔からUFOの着陸した山だとかピラミッド跡だとかの逸話がある山でもある。また昔、布倉姫がいた山という逸話もあり、かつては布倉山と呼ばれていたという。
 近年、富山地方鉄道の横江駅(無人駅で昔の駅舎を今にとどめている)のすぐ斜め向かいに公衆トイレと尖山登山用の駐車場が作られた。
 駐車場を出発(9:13)
 最初は部落の中に続く駐車場左側の道を歩く。直進して出てきたT字路を左折して、まもなくの川にかかる橋を渡ると右手に道をとる。そこからは道なりに森の中の道路を歩く。最近舗装されたばかりの道路もあるが、昔ながらの道もある。まだ工事途中のようでこの先、車は通れない(平成29年現在)。3カ所折り返しながら高度を稼ぐと、尖山登山道との分かれ道に着く(9:22)。
  そこを右折する。まっすぐに行くと天林方面へ出る。現在のところ車で登山口近くまでいくなら天林方面からいくしかない。
左手に牧場とは思えないほど雑草の生い茂る牧場があり、時間帯が合えば黒い牛さんに出逢うこともできる。まっすぐ歩き突きあたった所に、夏椿峠経由登山道の入り口がある(9:25)。
ここからは今まで登ったことはないが、今回はここに下りてくることに決めたので、標準的な登山口へと右手の道を進む。車数台が駐車できるスペースの奥に登山口がある。森の中にあるいつ来ても薄暗い登山口である(9:29)。
 しばらくは右手に沢の流れを見ながら緩めの登りを歩く。道幅は広めにとってある。
次第に沢は深くなり、滑滝が見られる(9:35)。登山道は滑滝の上部へと続き、左手の壁が狭まって岩伝いに川を渡り、直ぐに橋を渡り左手に戻る(9:37)。しばらく緩めの登りを続けると森を抜けたかのような視界が開ける(9:45)。やがて沢と別れて左手に道をとると尖山の登りにかかる(9:47)。つづら折りの登山道を登って行く。階段が出てきて(9:54)、まもなく左手に夏椿峠経由の登山道の下り口が見える(9:55)。なんだか急坂のように見える。とりあえず直進すると山頂直下の鎖のついた階段につく(9:57)。鎖は何のためについているのか?と思うくらいに不思議な存在だ。
一気に登ると360度遮るもののない山頂に出る(9:58)。山頂は丸く刈り空けられている。
山頂からは毛勝山、剣岳、大日岳、立山、鍬崎山、薬師岳などの立山連峰が一望できる。目を転じれば富山平野が海まで広がっている。
山頂には岩が散りばめられており、ある人はストーンサークルとも言っているようだが、どう見てもサークルには見えない・・・

帰りは今まで通ったことがない夏椿峠経由で下る。降り口を出発(10:10)。
いきなりの急坂である。右か左かにロープが張られているので、それを頼りに慎重に下って行く。今年登った山では頸城駒ヶ岳に匹敵するくらいの急坂だ。円錐形の山を主登山路はつづら折りに登っているが、こちらは直登になっているのだから当然といえば当然の急勾配になる。ストックは仕舞っておいた方が安全だ。今年、尖山で転落死亡事故があったというニュースがあったが、恐らくこのコースだったのではないだろうか。
10分程度慎重に下ると次第に傾斜も緩くなる。道幅は細いが杉林の中につくられた道を歩く。しばらく下るとT字の分岐点に突き当たる。右:新村栃津方面、左:天林横江方面の道標が落ちている。ここが夏椿峠なのだろうか?特に道標もない。
右方向は鬱蒼と草が茂り、今は廃道になっていることが分かる。迷わず左へ道をとる。杉林の続く気持ちの良い小道をひたすら歩く。傾斜は緩い。やがて右上の方へと道は登りになる(10:28)。このコースの最後の登りと言って良いだろう。1つの尾根のピークらしき所に着く(10:30)。そこからも細い尾根や広い尾根の中、緩やかな下りの道をたどる。
やがて、やや斜度の急な坂を下りきるとこのコースの登山口に着く(10:41)。ここから駐車場までは元来た道をたどり11分ほどである。それにしてもどこが夏椿峠だったのか釈然としない。道標を見落としたのかもしれないが、恐らく、左:天林横江方面という道標のあった場所あたりなのだろう。標準的なルートより、長めの山歩きを楽しめるので、最後の急坂を登りで使うか下りで使うかにもよるが、リスクを考えれば、夏椿峠コースを登りで、標準コースを下りで使っても良いかもしれない。
 所要時間 往:標準登山口~山頂 0:29 復:山頂~夏椿峠登山口 0:33

0 件のコメント:

コメントを投稿

城ケ平山(446m)、峠山(477m)、ハゲ山(465m)

    いずれも富山市上市町にある山になる。標高こそ400m台と低いが、初冬には良い雪山歩きの道になる。城ケ平山山頂は別名、茗荷谷山(みょうがだにやま)といい、その昔、茗荷谷城があったとされている。山頂は開けて広く富山平野を一望できる。今回の紹介は12月中旬に城ケ平山ま...