2017年10月31日火曜日

白馬岳(2932m)


   白馬岳は富山県と長野県の県境にある山である。非対称山稜で長野県側は急峻な崖を形成し、富山県側は裾を引いた形になっている。名前の由来は春、山腹に残雪と山肌が描く雪形が「代掻き馬」に似ているところから、「代馬」となり、「しろうま」となり「白馬岳」となったという。不思議なことに近くにある白馬山荘は「はくば山荘」、白馬大池は「はくば大池」、白馬村は「はくば村」と「しろうま」とは呼ばない(何故?)。また新潟県側からは昔は「大蓮華岳」と言っていたようで、周囲の小蓮華岳と白馬乗鞍岳を含めて新潟県側から蓮華の花の形に似ていることに由来しているようだ。

私が大学時代、ワンゲル出身の友人N君とテント泊で後立山連峰を縦走したのが白馬岳の初登頂であり、私の登山の初デビューでもあった。当時は国鉄大糸線「白馬大池駅」からタクシーで栂池自然公園まで行き、そこから歩いた記憶がある。今では麓からゴンドラにのりロープウェイを乗り継いで栂池自然公園にいく。初回は40年以上前、2回目は1987年に大雪渓から職場の仲間5人で登り、3回目以降は1993年、1997年、2013年、2015年、2016年と全て蓮華温泉からである。今回は2013年に登った時の印象深い時の記録を中心にして蓮華温泉からのコースを紹介する。

10月13日、14日の連休、天気予報は晴れ。今年最後の高山登山と決めて白馬岳を一泊二日で選択する。今回で5回目の白馬だが実に16年ぶりである。実は友人F氏が白馬岳に行きたいというので案内して行く予定であったが、身内に不幸があったというので急きょ私一人で行くことになった。前日土曜日の平地は雨。当然、高山は雪と予測していかねばならなかったが大糸線に車を走らせると前方に白い山(小蓮華山)が見えてきた。アイゼンはもとよりスパッツすら持ってこなかったので不安が募る。行ける所まで行こうと決心して蓮華温泉へ車を入れる。蓮華温泉付近は丁度紅葉の真っ盛りで午前7時半だというのに駐車場は超満杯、林道を少し戻り空いているスペースに駐車する。

蓮華温泉ロッジの裏手の登山口を出発(7:40)。歩き始めてまもなく温泉特有の匂いがする。蓮華温泉の周囲には数か所の小さな露天風呂(事前に蓮華温泉ロッジで入浴料を払う)があるのだが、最短距離にある風呂が登山道の間近にある。と言って覗けるわけではない。男女混浴なので、女性は水着で入っているようだ。

比較的緩やかな登りを折り返しながら登って行く。歩き出して1時間20分ほどで天狗の庭の見晴の良い場所に着く(8:58)。


近くにある唐松の葉は黄葉して、かなり葉を落としている松もある。針葉樹なのに落葉して枝に葉が空になるからカラ松というそうだ(あとで山の会の仲間に聞く)

 所々に急な場所もあるが森の中につけられた緩やかな道を歩く。次第に登山道に岩がちらほらと姿を現すころに、ザラメ状の雪が登山道を埋めはじめる。さらに登山道を岩が埋めるようになってくる。やがて両側の高い樹木が無くなり、視界が開けてくると間もなく正面に白馬大池山荘と白馬岳との分岐点につく。左に道を取るとすぐに白馬大池山荘に着く(10:02)。目の前には白馬大池が広がる。

  山荘の前はキャンプ場になっており、すでに撤収したテント跡は土が黒くスタンプのようになっている。しかし、晴れて気持ちが良いが風も強く寒いことこの上ない。ここまで半袖Tシャツの上に長そでシャツ姿だったが寒すぎてレインウエア―の上着を着用する。

分岐点へ戻り(10:15)、白馬岳への道をたどるが、ここからはずっと雪道となる。船越の頭(かしら)までザラザラとした道を登る(左:船越の頭、右:小蓮華山)



 振り返ると大池が青い。

  船越の頭を越える(11:02)と一旦、ぐっと下がる。そして登り返しは小蓮華山山頂への長い道のりだ。いくつかの偽ピークに騙されながらも我慢の登りが続く。途中の稜線は日本海側からの強風がすさまじくバランスを崩しそうになる。途中で小腹がすき、岩陰に隠れるようにして捕食。やがて小蓮華山に到着(11:55)。鉄剣が特徴の山頂である。

寒くて長居もできず、さらに視界の開けた白い稜線を歩く。遠く雪をまとった白馬岳の険しい信州側の崖が見える。

風は相変わらず強く寒すぎるので途中岩陰を見つけ風を凌ぎながらレインウエア―の下に、さらにダウンジャケットを着こむ。白馬山荘から降りてきた男性がいたので話を聞くと山荘出発時は気温0℃、風速15mとの話であった。

途中、岩に付着した水分は氷となり昼の太陽の光に輝いてダイヤモンドのように見えた。

写真を撮ろうとじっとしていると寒さがこみあげてくるのですぐ行動に移す。二重山稜に沿う道を抜け三国境への登りを前にして上を見上げると、やたらとガスが湧き出てきだしていた。あのガスの中に入ると氷が体に付着するかと思い、更に防御体制を固めてレインウエア―のズボンを穿く。いざ登ろうとするとガスは晴れ、青空が広がっていた。それほど風の流れが早い。三国境に到着(12:40)。ここは富山県と長野県と新潟県の三県の境になる。古風にいえば、越中と信州と越後の三国境だ。

三国境からは白馬岳直下の岩の急登になる。

3回ほど偽ピークに惑わされながらも白馬岳の山頂が大きく近づいてくる。山頂に近づくほどに雪と共に登山道に凍った所が目立ち始める。何とか登れるが、明朝の下山を考えるとかなり不安になる。アイスバーンをアイゼン無しで下りきれるのか?と。でも、ここまで来たからと登り切る。登り始めて5時間45分で山頂に到着(13:26)

近くにいた人に記念写真を撮ってもらうが、強風と寒いのとで早々に白馬山荘へ向かう(13:36)。山頂から下ること10分程度で山荘に到着(13:46)

山荘は1号館、レストラン棟は閉鎖。3号館のみでの営業だった。1号館と3号館の間の道は富山県と長野県の暫定的県境になっている。



部屋は10号室の8人部屋で6人の相部屋となる。同じ部屋の東京から来た大学生二人は本当はテント泊のつもりだったのが、あまりの寒さで小屋泊に変更したそうだ。部屋の中もかなり寒いので、ストーブのある談話室でビールを飲みながら本など読んで過ごす。皆さん考えることは同じで談話室は超満員状態だった。それでも食事は1クールのみで済む程度の宿泊人数だった。夕食後は小屋の前から立山連峰を裏から見る夕風景が見える。


消灯直前まで暖かい談話室で過ごし、寒い部屋に戻って布団にくるまって寝る。

2日目の朝は寒かったが、風は勢いを収めていた。朝食前に1号館の裏手から少し登ったところでご来光をみる。山頂まで登らずとも十分にご来光を楽しめる。
朝食後、午前6時35分小屋を出発する頃にはほとんど風を感じなかった。一夜明けるとこうも違うのかと驚く。天気も最高、眺めも最高!しかし、足元は凍っている場所が多い。私の登山靴はそろそろ買い替えないといけないと思っていた位、靴底の刻みがなだらかで、ひょんな事でも滑る。ストックはしまい込み自分の両手頼みで下山することにした。特に白馬岳山頂から三国境までの急な下りのあるところはヘッピリ腰姿で、手で岩をつかみ体を安定させながら時間をかけて下りて行った。スリリングで面白かったが、リスクの大きい山歩きとなってしまった感があり、今後の晩秋の山歩きでの反省材料だ。三国境(7:31)、小蓮華山(8:14)、白馬大池(9:34)、天狗の庭(10:22)、蓮華温泉着(11:31)。帰りの道はひたすら長い印象がある。


所要時間 往:蓮華温泉→白馬山荘 6時間6分 復:白馬山荘→蓮華温泉 4時間56分

 

  2015年10月3日、4日。2年前に一緒に行くはずだったF氏の初白馬岳登山に付き合う。超ハイペースとスローペースコンビの登山である。途中略。山荘は2年前と同様、3号館のみ営業。夕食も終わり談話室で持参した日本酒やつまみでF氏とくつろいでいると登山中に姿をみた外人グループが入ってきてくつろぎ始める。普段から外国人と接することが多いF氏は彼らに大いに興味をもち、付き添いの日本人スタッフから聞くと世界的に有名なサロモン所属のトレラン選手たちだそうだ。F氏もトレランに片足を突っ込んでいた関係で、何としても一緒に写真を撮りたいという。すでにめぼしいものが無くなっていた私達だが、F氏は話題づくりとばかりカリカリ梅を女性選手に言葉巧みに手渡して近づいていく。なんやかんやで彼らが回し飲みしていたウオッカなども飲んでチャッカリと記念撮影をしてもらったのでした。




 

 

 

2017年10月28日土曜日

雨飾山(1963m)




  新潟県糸魚川市と長野県小谷村との県境にある山である。糸魚川側は雨飾温泉(雨飾山荘)の傍から出発する。ここは私が若い頃は梶山新湯と呼んでいたがいつのまにか名前が変わっていた。一方の小谷村側は小谷温泉(3軒の温泉宿がある)のさらに奥にある雨飾高原キャンプ場のそばにある登山口から登る。雨飾山の由来は周辺の山が晴れていても、この山だけは霧がかかり雨で飾られていることからきていると聞いている。私が初めて登ったのは1987年で梶山新湯(現雨飾温泉)から当時の職場仲間5人と登ったが山頂付近はガスっていた。2010年小谷温泉側から登った時も山頂はガスっていた。2012年雨飾温泉から登った時は笹平に着いたにもかかわらず風強く笹平全体がガスっていたので山頂に登らず引き返す。要するに名前の通り、私にとっては雨とは言わないが霧に憑りつかれた相性の悪い山だったが、昨年10月末に小谷温泉から登った時は初めて紅葉の素晴らしい風景を見た。そして今年も紅葉狙いで10月末の晴れた日に小谷温泉から登った記録になる。

 駐車場横にあるトイレ付の建物内で登山届を提出。

  そして登山口を発(8:07)。しばらくせせらぎの音を聞きながら湿地帯につけられた木道を歩く。




ところどころ切れている場所は泥の上で一気に靴が汚れる。左側には所々に滑滝なども見える。13分ほどで湿地帯から別れ登りに入る(8:20)。2/11の標識がある。




 尾根へのとりつきで最初から急登が始まる。さらに尾根上につけられた登山道も基本的に急登である。ところどころ緩やかなところもあるが、全般に急登と思っておいた方がよい。4/11(1600m)という表示版を通過する(8:51)。すぐにブナ林の中にある「ぶな平」という狭い平にでる(8:54)

  座って休憩できそうな木材が二つ置いてある。ここを過ぎると比較的緩やかな傾斜になる。むろん急なところはある。やがて水平道になり、やや道が下りかかると一つの尾根を越える(9:16)。すると突然、沢の音が聞こえだす。荒菅沢(あらすげさわ)の流れの音だ。ここから一気に沢に向かって下っていく。道は滑りやすいので注意が必要だ。途中、6/11(2400m)の表示板を通過する(9:20)。やがて荒菅沢に着く(9:26)

  沢の奥を見ると雨飾山の鋭鋒が望める。鋭鋒から右側にぐっと下がったところが笹平の端から荒菅沢を見下ろす位置になる。初夏に来るとこの付近はまだ雪渓に覆われている。周囲から飛んできた土で汚いが雪渓を渡る。しかし、晩秋になる雪は全くなくなり、さほど多くない水量の渡渉を3m程度しなければならない。向こう岸に渡ると笹平までは、多少S字状にはなっているが基本的は直登である。歩みを進めると標高は稼げるが、それなりに足にくるし、疲労がたまる。マイペースで登り切りたい。途中7/11の表示板を過ぎる(9:41)。30分ほど我慢の登りを続けると見晴らしが次第に良くなり東側に焼山やすぐ沢の向こうに布団菱の岩肌が見えてくる(10:13)




  登山道はやがて岩の急登に変わっていく(10:21)

  この辺りは私にとっては鬼門の場所。以前、へとへとになってしまった場所だ。今回もあまり変わりはない。岩場に取り付けられた二つのはしごが連なった場所を通過(10:25)。さらに上のはしごを通過(10:32)。岩場を登り切った付近に9/11の標識が見える(10:36)。岩場は今少し続くが登りきると笹平の端に着き、まもなく金山と雨飾山の分岐点にでる(10:42)。ここからは笹平とその奥に山肌に少し雪をまとった雨飾山の山頂が見える。

  ここからは笹の中につけられた道を進む。途中、少しくぼんだ所にある雨飾温泉との分岐点にでる(10:48)。さらに進むと10/11の表示を過ぎる(10:53)
 このまま笹の中を山頂直下へ行けばよいのに、何故か荒菅沢を望む笹平の端へと登山道は誘導される。なんだか危険な匂いがするのだが、景色は圧巻だ。荒菅沢から仰ぎ見た稜線に相当する場所だ。

 そこを過ぎるとすぐに山頂直下の急登にかかる(11:00)。基本的には岩登りになる。慎重に登って山頂に着く(11:14)


  山頂は二峰性になっており、北側に仏像さんがあり、南側に三角点と山頂の標柱がある。両者は1、2分程度で行き来できる。昨年に続き、今年も360度の景色を堪能できた。後立山連峰の朝日岳(写真右)、雪倉岳(写真中央)、白馬岳(写真左端)が見え、さらに南方の山々、遠く槍ケ岳も見える。
  目を転じれば雪をかぶった白き焼岳が近い。すぐ右奥の火打山の鋭角もきれいだ。
 さらに左に目を転じれば頚城三山と呼ばれる山々の紅葉が今を盛りとしている。眼下に目を移すと戸倉山が紅葉真っ最中のようだった。昼食を取り、写真を撮っているうちに1時間近くを山頂で過ごす。昨年はガスが迫ってきてそれはそれでよい風景だったが、今年は全くガスもかからずの天候だった。何気に寒くなってきたので下山開始(12:10)。金山との分岐(12:31)、まもなく笹平ともお別れし、一気に下る。荒菅沢(13:14~13:18)、ここからの登り返しは道も悪く滑らないよう気をつけたい。ブナ平通過(13:47)、登り口通過(14:13)、登山口駐車場着(14:25)。

 往:駐車場~山頂 3時間7分

 復:山頂~駐車場 2時間15分

 

余話:

 山頂直下の岩登りをしている時、上から降りてきて私を先に通してくれる二人の女性がいた。「ありがとうございます」と言いながら通り過ぎたが、そのうちの一人が「すみません」と呼び掛けてくる。てっきりリュックから何か落としたのかと振り返ると、そこには今年大日岳を途中から一緒に登った女性のにこやかな笑顔があった。登るのに必死の私は不覚にも気が付かなかったが、奇遇を喜び合った。いろいろと話をしたかったが、なにせリスキーな場所だったので、少し話をしてから機会があればまた登りましょうと約束をして別れたのだった。

2017年10月20日金曜日

弥陀ヶ原(1800m)


   弥陀ヶ原は富山県立山町にある東西4Km、南北2Kmの溶岩台地である。標高は大体1600m~2000mの傾斜をもつ。かつて火山活動が活発であった立山の噴火によって形成された台地であるが、この付近はまだ活火山の1つになっている。今から4万年頃までには現在の形となったといわれる。大日岳の裾に広がる大日平との間には称名川が深い谷を刻んでいる。立山ケーブルの終着駅の美女平付近の立山杉の森林地帯から下の子平や上の子平を経て、草原地帯となる。

 弥陀ヶ原を散策するコースは美女平からも木道のコースなどが設定され弥陀ヶ原ホテルまで行くことができる。今回は称名滝の下から八郎坂を登っていくコースを紹介する。

 称名滝の駐車場を出発(7:21)。大日岳への登り口を左手にみて。滝の近くの飛龍橋を渡ると左手に八郎坂と刻んだ岩石がある。その奥に登山口がある(7:31)。
  基本的には滝つぼの急坂だが、最初は誰がどう見つけたのか木々の生い茂るつづら折りになった道を登っていくので急登という印象はない。やがて称名滝が見通せる最初の折り返し点を通過(7:49)。最初は岩の間にセメントを流し込んだ形式だが、基本的には苔むした岩の上を歩く印象がある。次第に傾斜も急になる。振り返ると大日平へ続く牛の首の峠が見える。1270mの称名滝展望台につく(8:09)。
  2つのベンチも用意されている。しかし、ここよりも1ピッチ登った場所の方が滝の見通しは良い。称名の滝は4段形成になっているが、ここからは最上段の滝を正面に見る。
  徐々にS状になった急登を登るとやがて2番目の滝展望台のベンチに着く(8:31)。ここからは崖崩れ防止なのだろうか堰堤が築かれており、その上を少し歩く。
  傾斜は緩やかだが細く、左側が切れ落ちているような場所もあるので気を付けて歩きたい。数年前にも来たが当時より一段と崩れているような印象がある。対面の大日平側も崩れて登山道自体を途中、大幅に変更している位だから、弥陀ヶ原側はまだましというところか。最終的には急登になるが弥陀ヶ原の端に着いたのがすぐに分かるような場所に出る(8:57)。直ぐに美女平へ続く遊歩道の分岐点があり、さらに行くと立山高原バスの道に突き当たる(9:00)。
  バス道路の脇には木道が用意されているので、ここからは高原に備え付けられた木道歩きとなる。
  ここからは急に見晴しが良くなる。大日岳連山や大日平には小さく大日平小屋が見える。目を転じれば鍬崎山や薬師岳が見える。また富山平野も見通すことができる。


  木道は一旦高原バスの道路と交差して向かい側に移る。弘法というバス亭もある場所だ。ここから1時間も歩くと弥陀ヶ原ホテルのある場所に着くが、今回は途中のベンチで引き返す(9:35)。弥陀ヶ原まで行くと周辺に散策路もあり楽しめる。近くには立山カールが見られる展望台もある。対面にはザラ峠や五色ケ原の縁にある鷲岳や鳶山の連なりが見れる。帰りは来た道を戻るが、八郎坂は下りで使うと意外と急なので慎重に下って行こう。

 

所要時間 往:駐車場~八郎坂~高原バス道路交差点 1時間39分

     復:高原バス道路交差~八郎坂~駐車場  1時間24分

 

城ケ平山(446m)、峠山(477m)、ハゲ山(465m)

    いずれも富山市上市町にある山になる。標高こそ400m台と低いが、初冬には良い雪山歩きの道になる。城ケ平山山頂は別名、茗荷谷山(みょうがだにやま)といい、その昔、茗荷谷城があったとされている。山頂は開けて広く富山平野を一望できる。今回の紹介は12月中旬に城ケ平山ま...